自動車運転について

安全で低燃費の自動車運転

自動車の運転は慣れた頃が危険

今年の春、自動車の運転免許の更新に行ってきました。今回、ようやくゴールド免許を手にする事が出来てほっとしています。免許を取って数年は結構違反をしてしまいました。本当に慣れた頃というのは変な自信がついてしまい、ついつい違反をしてしまいます。それで減点や罰金を食らい、ちゃんとしようと初心に戻れるのですがやはり最初からそうすべきと猛省する次第です。違反だけで済むのはまだいいのかもしれません。過信から来る運転は時に大きな事故を引き起こしたりします。自動車は時に凶器になり得るので、慣れた頃こそ本当に気をつけなければならないのです。

ガソリン代を節約する方法

自動車の燃費は、車のメンテナンスと運転の仕方次第でかなり違ってきます。例えば、タイヤの空気圧と溝が少ないとガソリンの減りが早く、高速道路などでタイヤがバーストしたり路面が濡れていると横滑りする危険性も出てきます。また、最近の自動車はアイドリングストップ機能が付いていますが、やはり急ブレーキ・急発進・急加速などの運転は燃費が悪くなる原因になります。そして、ガソリン価格が高騰している今、家計を圧迫しないためにもガソリン代を節約する必要があり、日頃のメンテナンスと燃費を意識したドライビングも燃費を良くする方法の一つなのです。