環境で考える自動車

自動車と環境問題について

自動車の環境問題と対策の説明

自動車の環境問題とは、車を使用する事により環境に影響を与える問題の事です。資源問題と環境汚染の問題があります。資源問題では、ガソリン等の燃料の大量消費により、将来的に資源の枯渇問題が起こることです。環境汚染問題では、自動車の排気ガスによる大気汚染や酸性雨などの自然破壊などの問題があります。資源の対策としては、ガソリン以外の燃料で動作する技術の開発や、車体の軽量化などを行い燃費の優れている車の開発などが行われています。環境汚染の対策としては、排気ガスから放出される汚染物質をフィルターで軽減させたり、電気乗用車などの汚染物質を排出しない構造の車の開発などが行われています。

環境問題の原因・対策

自動車の排気ガスには環境問題を引き起こす物質が含まれています。その物質にはよく知られている二酸化炭素やその他にも一酸化炭素、硫黄酸化物、フロンガスがあります。特に問題視されているのがフロンガスです。このフロンガスがオゾン層を破壊することにより地球温暖化へつながっています。有害な紫外線から地球を守っているオゾン層が破壊されると人の身体は病気への抵抗力が下がりガンになりやすくなるなど様々な問題が起こります。この問題への対策としてバッテリーの電力や太陽光を利用し、排気ガスを少なくする開発がされています。しかし、これらにはまだ課題があるのも事実です。充電する施設が少ないことやソーラーカーは最高速が遅いなど問題点もあります。これらを改善することで便利で環境に優しい自動車を手に入れることができます。