自動車軽量化について

自動車燃費を良くする為に

現在の自動車はとても軽いです

自動車の歴史の中で、性能アップと同じくらい燃費を良くすることが求められ、各メーカーにて省燃費化技術が研究されてきました。まず一番簡単でかつ難しいのが、車体そのものの軽量化です。車体を軽くすればそれだけ燃費は良くなるし、走行性能も上がるわけなので一石二鳥と言うわけで、かつて鉄の塊だった車体は徐々に軽い金属に置き換えられ、鉄からアルミ、そして現在では樹脂やカーボンファイバーなど極めて軽い素材に置き換えられています。しかしメーカーが車体の軽量化をどれだけ進めても、ユーザーがトランクにゴルフクラブを積んだままでは、せっかく軽くなった車体を重くするだけで、メーカーの努力は台無しで、おまけに燃費も悪くなります。自動車には余分な荷物を積まないようにすると、燃費がちょっぴりよくなりますよ!

車の軽量化に関する説明

自動車の軽量化とは、車の重量を軽くする取り組みのことです。車を軽量にする目的は、車の動作に必要な負担を軽減させることで燃費を向上させたり、軽快な動作を実現させることを目的にしています。軽量化の方法は、車の部品を軽くて丈夫な材質の部品に変えたり、設計等を見直して部品数を少なくする方法などがあります。ただ軽くすればいいのではなく、自動車の基本的な機能や安全性などが失われないようにする配慮を行いながら、対策を行う必要があります。車内に不要な荷物を置かないことも、わずかですが無駄な負担を減らす効果があります。